フラット35Sの適合証明とは?

フラット35Sを利用する際には、省エネルギー性や耐震性などの技術基準を満たしている物件である、ということが最低条件となります。
この基準を満たしているということを証明するための書類が、適合証明書なのです。
通常この適合証明書を発行するためには検査が必要となり、新築の住宅の場合には検査機関にて適合証明書を発行、中古の物件の場合には検査機関もしくは適合証明技術者による検査を経て、適合証明書を発行してもらうことが必要となります。
この場合の適合証明技術者というのは、日本建築士事務所協会連合会などに登録済の建築士のことですので、検討されている方は問い合わせてみると良いでしょう。
お得なフラット35Sで無理のない返済計画を実現しましょう。
フラット35Sの審査に落ちる?