国民年金保険料を払うのは国民の義務になっています

国民年金が破綻するですとか、自分たちが大人になるころにはもう年金はもらえないですとか、そのような勝手な推測をして国民の義務である、国民年金保険料を納付しないでいることを、どのようにお感じになっているのでしょうか。
確かに、国民年金保険料というのは、ご自身の老後の安心のために毎月せっせと納付しているものではありますが、その大切なお金は、同時に現在の高齢者を年金として支えているものでもあるのです。
若い世代が、高齢の世代を助けるという図式の上に成り立っているのが、国民年金という制度なのです。
ある意味、とても素晴らしい制度でもあるのです。
国民年金という制度が本当に破綻してしまうときは、もう日本国そのものが駄目になってしまう時です。
現在、国民年金保険料を支払っていないかたがたは、将来、どのようにするつもりなのでしょう。
ご自身で貯金していたり、民間の保険会社の年金プランなどをお考えのかたは、まだ良い方で、実際のところ、なにも考えていないまま、ただ年金が貰えなさそうだから払わないということになっているようです。
それでは、最後の最後に泣くことになってしまいます。
なんとか頑張って国民年金に加入し、国民年金保険料を納付し、先の見えない将来に少しでも安心を手に入れようではないですか。