クレジットカード機能を持ったSuicaオートチャージとは?

Suicaは、JR東日本が発行しているIC乗車券で、デポジットを支払えば誰でも発行してもらえます。
現在のSuicaは、JR東日本と提携しているJRおよび私鉄のIC乗車券の利用のほかに電子マネーとしても広く使われています。
通常のsuicaは、カードに駅の券売機などのほか、キオスクや一部の大手コンビになどでもチャージすることができ、また利用可能な鉄道会社であれば、駅の券売機などでもチャージを行うことができます。
現金によるチャージをすることにより、チャージした金額が利用できますが、不足した場合には清算機する必要があります。
なおsuicaへのチャージ限度額は20,000円までです。
現金がないとチャージできないため、いざという時に不便です。
そういうさいに便利なのがsuicaオートチャージです。
オートチャージは、クレジットカード機能を持ったJR東日本が発行するビューカードに加入することで、その機能が付与されます。
これによりsuicaの残高が一定の金額を下回ると自動的に一定金額が自動でチャージされ、残高不足を気にする必要がありません。
クレジットカードの現金化を利用して詐欺罪に問われる可能性が!